各種アンケート用紙と診断・分析集計析表の紹介


アンケート用紙に掲載されているブロック状のバーコードによって、高速連続スキャナから自動的に読み取り、集計データとして処理することができます。
アンケート用紙は、最小でハガキサイズから最大でA3用紙サイズまでの大きさに対応しています。
アンケート用紙の色と印刷する文字の色については、高速連続スキャナの自動読み取りに支障が出ない範囲で、色を選択することができます。
アンケート用紙に掲載する設問項目は、店舗側のご希望に合わせて、決めて作成することができます。


郵便ハガキの片面をアンケート用紙として使用することも可能です。



アンケート用紙を高速連続スキャナから自動的に読み取り、集計処理された診断・分析結果の一覧表・グラフの一例です。毎月、定期的に納品する通常形式は、アンケート用紙の各設問項目に対する回答数より満足度を計算、数値化して、レーダーチャートや円グラフとして視覚的な表現を行います。毎月の満足度が集計されている年月推移グラフを読み取ることにより、顧客満足度の変化動向を把握し、QSCのレベルアップに活用することができます。


通常形式の診断・分析結果では、十分に表現することができない高度で精密な部分については、オプション版の特別集計でカバーすることができます。アンケート用紙の設問項目の中から、2項目分の回答状況について相関関係を調べるクロス集計一覧表と構成比グラフは、通常形式の診断・分析結果では、隠れていた要因を見つけ出す場合に有効な集計機能です。他にも、アンケート集計を開始してから現在までの回答状況の推移動向を連続してグラフ化することもできます。





Copyright © data brain All rights reserved.